日本のGMO、7nm Bitcoin Mining Chipの販売を開始


日本のGMO、7nm Bitcoin Mining Chipの販売を開始

マイニング

日本のインターネット大手のGMOは、7nmビットコイン採掘チップの製造と販売を計画している。 関心のある顧客はすぐにこれらのチップの一部を予約することができます。

また読んでください:Yahoo! 日本が暗号空間への入り口を確認

GMO、7nmマイニングチップを発表

日本企業GMOインターネットグループは、先週の2018年度の第1四半期の業績を発表した。 業績発表の際、同社は待望の7nmビットコイン採掘チップの販売計画について説明した。

日本のGMO、7nm Bitcoin Mining Chipの販売を開始GMOは、V1とV2という2つのバージョンのチップを製造している。 前者は7nmマイニングチップの初期試作品です。 後者は、7nm採掘チップを量産するためのもので、同社は自社の鉱山事業に社内で使用し、一般に販売し、クラウドマイニングに使用する予定です。

V2は現在設計されており、今年の第4四半期に量産段階に入る予定です。

7nmチップの販売開始

プレゼンテーションでは、GMOは鉱業事業計画を昨年第4四半期から修正した。 同社は、現在、鉱業事業は当初は「買収した鉱山用コンピュータをベースにしている」ことを示しており、およそ6月には「7nm(V1)事業」が開始され、約10年後には「7nm(V2)

同社の広報担当者は、7nmのビットコイン採掘チップの販売について、news.Bitcoin.comに語った:

受け入れ予約はQ2以降で開始され、Q4以降は現時点でのみ開始されることを開示することができます。

実際の販売日は指定されていません。 さらに同社は、6月にクラウドマイニング事業が開始されるとしている。

日本のGMO、7nm Bitcoin Mining Chipの販売を開始

GMOの採掘事業

鉱業事業は、12月の20でGMOの欧州法人を通じて開始された。 それは3つの領域で構成されています: "[1]社内鉱業; [2]採掘機械の開発、製造、販売。 [3]クラウドマイニング。

GMOによると、ハッシュレートは計画どおり増加している。 採掘されたビットコインの量は予想通り増加している」同社は4月のハッシュレートが2 PHだったが、241のターゲットハッシュレートに達すると確信していることを「3,000諸国の複数の場所で新しいビジネスがある」と付け加えたPH / sを年末までに延期します。

日本のGMO、7nm Bitcoin Mining Chipの販売を開始

鉱業事業に加えて、GMO Coinと呼ばれる暗号交換を運用し、暗号支払いサービスを開始する予定です。 同社は、「暗号侵害の分野で1になる」ことを目指している。

GMOの7nmチップを購入したいですか? 下記のコメント欄にご連絡ください。


画像はShutterstockとGMO Internetの礼儀です。


ビットコインの保有量を計算する必要がありますか? ツールセクションを確認してください。



ソース

ポスト 日本のGMO、7nm Bitcoin Mining Chipの販売を開始 最初に登場した Bitcoinsチャンネル.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする