Enterprise Ethereum Alliance、共通のブロックチェーン標準を発表


エンタープライズエテリアムアライアンスは、水曜日に一般的な技術仕様書のリリースを発表し、ロンドンのイベントで約1ヶ月前に行われた約束を果たしました。

エンタープライズ・エテリアム・クライアント仕様1.0は、CoinDeskのコンセンサス2018会議(ニューヨーク)で発表されたもので、500プラスメンバーグループの創設メンバーであるJeremy Millarが開発努力を共通の方法で共有する重要性について語ったエンタープライズに焦点を当てた、ethereumベースのイニシアティブです。

ItXCHARXs a significant moment for the group, which launched at the start of last year with backing from major corporates like British oil giant BP, Wall Street bank JPMorgan Chase and Microsoft, as well as stakeholders in the blockchain work such as ethereum startup studio ConsenSys, Nuco and BlockApps, among others. CoinDesk first reported on the groupXCHARXs work in January 2017.

In statements, representatives from the initiative framed it as the result of a months-long collaborative effort between different stakeholders and one that widens access to the software.

EEAのエグゼクティブディレクター、ロン・レスニック氏は、

「EEAのEnterprise Ethereum仕様は、当社の技術委員会で、エンタープライズ、テクノロジ、プラットフォームメンバーの間で18が数ヶ月にわたり強くコラボレーションした結果です。 このEEAのオープンソース、クロスプラットフォームのフレームワークにより、大規模な導入が可能になり、そうでなければ個々の企業サイロでは実現不可能となります。

確かに、ResnickはCoinDeskとの最近のインタビューの中で、グループメンバーによって開発されたさまざまなソフトウェアクライアントを接続することを目的としたプロセスを指摘しながら、この作業について語った。

“All the ethereum client companies see the need to agree on these building blocks and components and how they talk to each other, because if we don’t, then we don’t have a way to compete against the proprietary solutions,” he said at the time.

Shutterstock経由のコードイメージ



ソース

ポスト Enterprise Ethereum Alliance、共通のブロックチェーン標準を発表 最初に登場した Bitcoinsチャンネル.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする