国際50 Mlnのために国際投資家によって買収された日本政府の許諾された暗号交換


日本の暗号交換BitTradeは、シンガポールの複数の億万長者と起業家によってS $ 67 mln($ 50 mln)で買収された、Asia Oneは昨日、30を報告した。

この買収により、Eric Cheng氏は日本の金融監督機関である金融庁(FSA)のライセンスを受ける100の国内暗号取引所のひとつであるBitTrade Co.、Ltdの16株式を取得する予定です。 Chengは、BitTradeの関連会社であるFX Trade Financial Co.、Ltdを日本の主要な外国為替取引プラットフォームの1つとして買収している。

Asia Oneは、この投資により、ChengはFSAライセンストレーディングプラットフォームの100株式を保有する最初の外国投資家となりました。 チェンは言った:

「暗号化業界は急激に拡大しています。 このような背景から、需要の増加を把握するための鍵は、規制が厳しく、ライセンスが付与された衣装を持つことです。 この日本のFSAライセンスプラットフォームでは、規制当局と緊密に協力して、このプラットフォームをグローバルに拡大する予定です」

両プラットフォームの管理チームは、取引所の取引サービスを「積極的に拡大」し、拡大し、サイバーセキュリティ対策を強化し、より国際的なユーザーフレンドリーなインターフェイスを開発すると報じられている。

Bitradeは、Cointelegraph Japanが今週初めに報告したように、「新しいオーナーシップのもとで基本的なビジネスフレームワークを変更する方針はない」と述べ、現在提供されているサービスは引き続き継続すると述べている。

2つの高プロファイルの日本の暗号交換のスキャンダル - 1月の前例のない532 mln Coincheckのハッキングと東京の山の悪名高い崩壊。 Goxは、日本での暗号化の規制環境がますます厳しくなった。 BitTradeが保有するFSAライセンスはすでに厳格なガイドラインを規定しており、今月初めに暗号交換の要件が追加された。

4月には、FSAからの圧力が高まっている国内運営者を支援するために、日本の為替相場の自主規制機関が招集された。 それにもかかわらず、国は引き続き高い暗号導入率を示しています。 ちょうど1週間以上前、日本の有力なフィンテック会社が、年内に暗号資産交換を開始すると発表しました。



ソース

ポスト 国際50 Mlnのために国際投資家によって買収された日本政府の許諾された暗号交換 最初に登場した Bitcoinsチャンネル.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする