東南アジアの移住が中国の鉱夫にとって困難になっている

Bitcoin東南アジア進行中の報告書に示されているように、中国のデジタルマネー鉱夫は、ベトナム、ミャンマー、カンボジアのような東南アジアのロケールに急いでいます。 いずれにしても、カンボジアに移住した中国の掘削機は、他の東南アジア諸国の避難場所を発見しようとしている鉱夫は、乗客が不平を言ったり問題を抱えているため、毎月問題が発生し、現金が失われている。

中国の鉱業は引き続き許可されているが、 政府の弾圧この理論の結果として、国内に位置する多数の採掘タスクが移行し始めた。 安価な中国の電力税を探し求めているいくつかの活動は、雲南の国境に移った。 しかし、 中国の鉱夫 韓国、ベトナム、カンボジア、ミャンマーのようなアジアの異なる地域に移住した。 これらの地域に住んでいる行政当局と居住者が張漢と呼ばれる鉱夫のようにかなりの困難を経験するという事実にもかかわらず。

チャン氏は、カンボジアとミャンマーの郊外に正式に関与している仲間が鉱山労働者であったと語る。 彼はその数字を打ち砕き、東南アジアのゾーンが世界中の異なる国々よりも大幅に安価な電力を提供していることを発見しました。 いずれにせよ、鉱山者は、彼が動きに過度に満足していないことを明確にし、「私は本当に後悔している」と述べた。最初から、カンは、いくつかの地域ではコストがかかり、異なる領域とは対照的である。

「カンボジアの電力は、ベトナムとミャンマーを選ぶ他の鉱夫と比較して若干高価だが、他の費用はそれほど安いものではない」とZhang氏は現在進行中の会議で明らかにしている。

「カンボジアでは中国の工業用電力価格、キロワット時(キロワット時)あたりの1.3元($ 20セント)とほぼ同じだが、街灯施設の電力盗難を利用することができる」と述べた。

装飾費と活動維持は彼の鉱業の仕事の大脳の痛みを与えたものである、張は明確にする。

「メンテナンスやアクセサリーは非常に大きな問題であり、供給コストが非常に高いとも言えます」とZhang氏は述べています。 しかし、ハードウェアのメンテナンスは難しい問題です。特に、3月に入ってからの暑い日には、中国のコストよりも3倍以上のコストがかかります。 ここで部品を購入することは本当に大きな頭痛です。中国から購入する以外に選択肢はありません。中国で購入するには数日か数週間かかります。 時には、私たちは地元の鉱夫に援助を求めていますが、小さな艤装品に対して不公平に高い価格を求めるチャンスをつかむでしょう。

張はさらに、カンボジアは、一日中、あるいはそれ以上の力がない、注目すべき停電経験を経験したことをさらに理解しました。 鉱夫は問題を緩和するために、タスクが内部組織と関係を持っていれば、隣接する街灯から制御することができます。 いずれにせよ、近隣住民はこの技術を専門家に報告するかもしれないと張は、現在、居住者が中国の鉱夫にはあまり誘っていないと述べている。 さらに、西側諸国が支援する近くの掘削機や金銭関連機関も同様に、これらの国に移住する中国の鉱夫に満足していない。

「地元住民と鉱夫のほかにも、西側諸国の資金提供を受けている機関も私たちには不愉快だ。彼らはすべてここから私たちを搾り取ろうとしている。そして、私はそれを検討している」と張は言った。

アジアの最新情報を入手するBitcoinのニュースここコインニュースアジアで。

ポスト 東南アジアの移住が中国の鉱夫にとって困難になっている 最初に登場した コインニュースアジア.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする