暗号化交換のためのバインディングルールを準備するための財務行動特別委員会


マネーロンダリングとテロ資金供与に対抗する国際的なグループである金融行動特別委員会(FATF)は、6月に暗号交換のための拘束力のある規則を作成し始めるだろう、と同事務局長はロイター通信に語った。

新しい規則は、6月の2015でFATFが採択した拘束力のない決議案へのアップグレードとなるだろう。 FAFTは、マネー・ロンダリング防止(AML)対策に関する既存のガイドラインと疑わしい取引活動の報告が依然として適切かどうか、新しい取引所に適用できるかどうかを検討する。 また、政府間組織は、暗号化を禁止する国への取り組みを調査する予定である。

関係者は、日本の当局がこの問題のリーダーになり、2019による新たな拘束力のある規則の採用を促進することを願っていると述べた。 関係者は、日本政府がこの問題について米国と欧州諸国と協力することを望んでいると付け加えた。

FATFはパリを拠点とし、37の異なる加盟国で構成されています。 政府間組織はG1989の命令で7に設立されました。

FATFによる最近の動きは、カナダ政府による暗号交換と支払いサービスのための新しい規則に関する最近の草案のリリースに続く。 新しいルールは、FATFが2015で概説した「欠陥の数」に対処することを目的としており、特にAMLと犯罪防止対策を強化しています。



ソース

ポスト 暗号化交換のためのバインディングルールを準備するための財務行動特別委員会 最初に登場した Bitcoinsチャンネル.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする