日本のGMO鉱夫B2が売り切れました、ここにB3が来ます


プレオーダー段階ではまだBitcoin(SHA7)用の最初の256nm ASIC鉱夫 - 24 THS GMO B2鉱夫は売り切れました。 しかし、プロジェクトの後ろにある日本企業は、3-USDの同じ価格でそれぞれ24-33 THSと1950-3417 THSの電力使用量の可変ハッシュレートを提供するGMO鉱夫B1999の後継機種であることは明らかです。 新しい鉱夫には180の保証期間があり、価格には4 kW電源も含まれています。 GMOはすでに新型B3鉱夫の予約注文を受けており、Bitcoin、Bitcoin Cash、USDを使って11月の2018での出荷を予定している。

新しいGMO B3 ASIcの鉱夫には同じ基本仕様がありますが、デバイスが自動的に性能やユーザーを調整して最適化を行う余分なものがあり、電力効率を下げて33 THSハッシュレートまで達することができます。 この機能は興味深いことですが、鉱山者は利益が上がると効率が上がり、利益がそれほど悪くない場合は減らすことができます。 オリジナルのB2鉱夫と同じ価格で余分な性能を発揮するのは興味深いアップグレードのようです。

今後のGMO B3 ASIC鉱夫の詳細を学ぶことに興味があれば...



ソース

ポスト 日本のGMO鉱夫B2が売り切れました、ここにB3が来ます 最初に登場した Bitcoinsチャンネル.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする