Litecoin財団、Payments Partnershipにおける銀行の9.9%を取得


リトコイン財団は、人気の高い暗号をサポートする非営利団体で、ドイツ銀行の10株式を取得しています。

この取引は、火曜日の発表によると、暗号化された支払い会社であるTokenPayとの契約の結果としてもたらされる。

TokenPayは、WEG Bank AGの9.9株式の所有権をリトコイン財団に引き渡しました。これは、顧客に暗号化支払いソリューションを提供し、TokenPayをさまざまなブロックチェーンプロジェクトで使用するという銀行の計画を進める上で、

リトコイン財団のマネージング・ディレクター、チャーリー・リー氏は、

「LitecoinをWEG Bank AGと統合し、誰でも簡単にLitecoinを購入して利用できるようにするため、提供してくれるさまざまなサービスを提供することを楽しみにしています。

TokenPayは、5月にWEG銀行の9.9の株式を未公開の金額で購入した。新リリースでは、さらに9.9%を取得したという。 同社は最終的に、ドイツの規制当局の承認を得れば、銀行の残りの株式を購入するオプションを行使することを計画している。

5月のTokenPayからの発表によると、買収資金は2017 12月に行われたトークン売却に由来する。

2015で発売されたTokenPayは、独自のブロックチェーンプロトコルとネイティブTPAYトークンを構築し、スケーラブルな暗号化からトランザクションへのトランザクションを容易にしました。

WEG Bankは、特に不動産顧客に金融サービスを提供することに重点を置いています。 同銀行の創設者兼最高経営責任者(CEO)のマティアス・フォン・ハウフ氏は、この契約は、当初のような「非常に保守的」な機関にとって当初の予期せぬことではなく、暗号技術の未来について多くの考えを示した後であった。

フォンハウフは説明した:

「我々は、共通の未来の見通しを徹底的に徹底的に調査し、銀行の未来がこのような現代的な支払い方法の採用を避けられないと確信した」

Shutterstock経由のLitecoins画像



ソース

ポスト Litecoin財団、Payments Partnershipにおける銀行の9.9%を取得 最初に登場した Bitcoinsチャンネル.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする