コードはスピーチしています:フィル・ジマーマンへの暗号の借金に関するアミール・タキ


Amir Taaki created libbitcoin, the first alternative bitcoin implementation, and worked on wallets such as Electrum and Darkwallet, as well as privacy markets and decentralized technologies.

現在、彼はバルセロナに革命的な技術プロジェクトに取り組むハッカーを訓練するアカデミーを設立しています。


I recently had the honor of meeting Phil Zimmermann, the creator of PGP, the world’s first freely available encryption software for the masses.

Zimmermannが自由な発言の一形態として破壊的な仕組みとコードを唱えてアメリカを撃退したとき、PGP(「かなり良いプライバシー」の立場)は社会政治的な原因でした。

そのように、それはcryptocurrencyコミュニティのための基礎的な物語です。

後期1980の間、ソ連の崩壊のまわりで、核軍縮運動には重い活動があった。 ソフトウェアエンジニアのZimmermannは、Carl SaganとDaniel Ellsbergの様々なところで刑務所に行くことさえ深く関わっていました。 彼はスピーカーと主催者としてサークルでよく知られていました。

市民の自由を信じる人物として、ツィマーマンは、歴史の中の人間は秘密を共有し、政治的に組織するために互いに提携していると感じました。 私たちは常に他人との私的なコミュニケーションを期待しており、第三者は関係していませんでした。 そして、彼はこの自由を世界中の誰かに伝えたいと考えていました。

His concept of free speech was a direct consequence of his experience in organizing activists. PGP was specifically developed for anti-nuclear weapons activists. He took out six mortgages over a multi-year period to finance his venture, and he became skilled at making excuses to his banks. Yet he managed to pull through and PGP was born.

当時、強力な暗号化ソフトウェアは、米国政府から輸出できない軍需品として分類されていました。 はい、暗号はミサイル、戦闘機、高度兵器と同じカテゴリにありました。 Zimmermannのような理想主義者は、この法律に反する勇気を持っていた。なぜなら、暗号法によるスピーチのプライバシーは、
基本的な人権。

米国政府はZimmermannに対して犯罪捜査を開始した。 Philは、彼が非常にストレスの多い暗い場所にいて、数年間、弁護士のチームと一緒に刑務所から身を守る道を見つけるために必死に仕事をしていた時に、彼のキャリアには良い振り返りをしているにもかかわらず、

法定チェックメイト

It was at a conference when Zimmermann was approached by a big U.S. publisher, the MIT Press, who asked him to publish a user’s guide to PGP. He immediately responded, “Yes, but I want you to also publish a second book.”

Why? Zimmermann had heard about another case where Phil Karn had applied to the U.S. State Department Office of Defense Trade Controls for a license to export Bruce Schnier’s book Applied Cryptography. This book includes many code samples for cryptographic algorithms with explanations and is a standard text in the field.

規制当局は、なぜ書籍が商品輸出許可を申請されているのか疑問に思って、米国での本の輸出に制限はないと返答しました。彼らは本が改正第1条のもとで保護されていることを考えると、米国憲法でのスピーチの権利。

それからカーンは好奇心をそそられました。 彼は同じレギュラーに同じコードを含むファイルをフロッピーディスクに送った。 彼らは暗号技術を含んでおり、軍需品の輸出リストによって制限されていたので、速やかに拒絶した。 カーンは政府を裁判所に連れて行き、最終的に勝った。

この事件を念頭に置いて、ZimmermannはMIT Pressに、PGPのコードを含む第2の本を出版したいと語った。 彼らは受け入れた。
そしてこの本には、PGPソフトウェアパッケージ、ソースコード、makeファイル、すべての設定ファイル、すべてが必要なものすべてが含まれていました。

その後、Karnが輸出許可を申請したのと同じプロセスを繰り返しました。 政府はすぐにそれが捕らえられていることを認識した。 彼らが否定した場合、政府はもはや暗号を規制することができなくなるだろう。 彼らが「はい」と言って彼の本の輸出を受け入れると、Zimmermannは彼の事件に勝つだろう。

Zimmermannと彼のチームは興奮して答えを待っていました。 彼は巧妙な法的拘束力で彼らを捕まえた。 彼らは決して反応しなかったし、すぐに彼に訴えた。

レガシー

Later PGP and other cryptography products started to become big, and now play a fundamental role in our industry. Zimmermann went on to work on several other important cryptography related projects, steering and advising many standards including development of ZRTP which is an important widely used voice encryption system for messaging applications on mobile and desktop.

But it was his act of courage that led to the liberation of crypto from the control of the U.S. government into the hands of idealist hacker programmers, and more generally into securing our lives on the internet.

PGNが生まれた1年後の1992では、Crypto-Anarchist宣言が、この新しい暗号力を使って、国家や中央銀行の人道から人類を解放することを呼びかけました。 1993では、Cypherpunk宣言が、デジタル通貨に関する多くの新しいアイデアを生み出し、究極的にはビットコインを生み出す動きの哲学を明らかにしました。

It was incredible to hear the story of a pivotal moment in computing history from the man himself. I’m sure I haven’t done it full justice in my retelling but I hope I have captured the general importance of PGP in the heritage of the free technology movement.

PhilZimmerman.comによる画像



ソース

ポスト コードはスピーチしています:フィル・ジマーマンへの暗号の借金に関するアミール・タキ 最初に登場した Bitcoinsチャンネル.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする