R3、IPO開始、潜在的なバイヤーの利便性を考慮


3メンバー以上のコンソーシアムを率いるブロックチェーンソフトウェア企業であるR200は、株式公開(IPO)を開始することを検討していると、ブルームバーグは7月の13を発表した。

この問題に精通している情報筋は、ブルームバーグに対し、潜在的なバイヤーは既に売却に関心を示しているが、同社はアドバイザーとIPOを交渉していると語った。 R3の創業者でCEOのDavid Rutter氏と投資家の最終決定と計画は、まだ作成されていないと言われています。 同社は声明のなかで、

「コルダの成功を考えれば、憶測には驚かないが、IPOは現時点では追求している道ではない。 最初から私たちの使命は、可能な限り広いビジネスコミュニティのためのブロックチェーンソリューションを提供することでした。私たちの決定には、その目標が念頭に置かれています。

ニューヨークに本拠を置くR3は、ブロック・チェーン・ソフトウェア市場の成長と発展に伴い、その選択肢を評価しているようです。 デロイトが5月に実施した調査によると、アンケートに参加した財務幹部の30は、「1年半以内にブロックチェーンにリソースを投入する」と答え、33の回答者は準備ができていると答えた技術を実装する。

今週初め、R3は、企業向けのオープンソースの分散型元帳プラットフォーム「Corda」の新しい「バージョン」をリリースした。 Corda Enterpriseは「現代のビジネスの要求を満たすように最適化されています」、プラットフォームを企業のデータセンター内で実行し、Cordaのノードと通信できるようにする「ブロックチェーンアプリケーションファイアウォール」を備えています。

6月には、匿名の旧R3社の従業員は、R3の内部財務目標が収益の「10X」であることをFortuneに伝えました。同氏は、収益がなくなる危険はありません。 彼は言った:

「現在、十分な資金があり、現時点で追加の資金を調達する計画はない」



ソース

ポスト R3、IPO開始、潜在的なバイヤーの利便性を考慮 最初に登場した Bitcoinsチャンネル.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする