シンガポール - Fintech Giant

Bitcoinシンガポール世界中のほとんどの国がBitcoinの使用に反対する書籍をほとんど持っていませんが、 他の暗号通貨 - シンガポールは、暗号侵害規制の最前線に立っている国のひとつです。 国は最新の技術革新に投資し続け、真に世界の中心になる可能性を秘めています。

IRAS(シンガポール内国歳入庁)は、デジタル通貨の課税方法を決定する世界初の規制機関の1つです。 判決では、 ビットコイン 現在のゼロ%キャピタルゲイン税率で課税されます。 これは実質的に、ビットコインをドルで購入したり売ったり、ビットコインを使ってサービスを払うなど、リアルマネーやサービスを含むすべてのデジタル通貨取引がGST(Goods&Services Tax)の対象となることを意味します。

デロイトのレポートによると、シンガポールはすでに2位(ロンドンの唯一の後)にランクインしているフィンテックレースに香港を残している。 今後数年間、破壊的なテクノロジーは blockchain fintechレースで誰が先にいるかを決めるだろう。

シンガポールは、ブロックチェインになると、かなり前進しています。 同国は、貿易融資のためのブロックチェーン基盤の確立、民間資金調達、市場教育、個人販売などの時間のかかるプロセスをスキップするなど、ブロックチェーン技術を採用するための積極的な措置を既に講じています。 シンガポールの中央銀行も、新しい支払い移転プロジェクトにブロックチェーンを使用することに決めました。

明らかに、この小さな島は技術革新を最優先事項にしています。 そんなに シンガポール金融管理庁 (MAS)には、Fintech and Innovation Groupと呼ばれる専任の部署があり、その指示は金融分野での技術の使用を促進することです。

多くのコラボレーションの中で、 シンガポールのインフォコム開発局(IDA)は、HSBCとバンク・オブ・アメリカ・メリルリンチとともにスマート・コントラクト技術を使用して自動的に輸出入取引を実行する新しいブロックチェーン・プロトタイプの試用を発表した。

200銀行の近くで総資産が$ 2兆ドルになると、フィンテック業界は波を作り始めています。 Mastercard、UBS、DBS Bank、OCBC、Wells Fargo、Citigroupなどのグローバル金融機関は、エコシステムへの投資に加えて、シンガポールのイノベーションラボとアクセラレータを立ち上げる(または既に開始している)かのいずれかです。

政府の支援は、特別機関の設立を止めるだけでなく、財務革新のための非常に明確な環境と立法支援と呼ばれるregtechがあります。 MASには、サンドボックスがあり、ライセンス要件を満たさなくても、アイデアや特定のユースケースをテストするための時間枠付きfintech実験が可能です。 このような柔軟な規制は、世界各国からシンガポールに至る多くのフィンテックスタートアップ(特にビットコインとブロックチェーンを扱うベンチャー)を歓迎しています。

政府はまた、fintechイニシアチブのための助成金とリベートの形で重要な資金を入れている。 5年間にわたって、政府はfintechプロジェクトに対して$ 225万SGDをコミットしています。 シンガポールに移住しようとしている外国のフィンテック企業は、そのような企業構造を持つ会社を設置することは信じられないほど容易であることがわかっています。

シンガポール政府からの前例のない支援は、他の国がチャンスを逃さない主な理由です。 それが規制、コラボレーション、イノベーションのいずれであっても、当局は適切な決定を迅速に行うことができます。 複数のビットコイン取引がハッキングされ、価格が下落したときに2013に戻りましたが、シンガポールは潜在的な潜在性を実現するためにクリプトキュレーションに賛成し続けました。

2015後半、シンガポールのLee Hsien Long首相は演説の中でBitcoinとBlockchain技術を未来の兆しと言いました。 ニューヨーク、香港、ロンドンからの厳しい競争に直面しているが、Fintechはシンガポールが詰めることができるエリアである。

アジアの最新情報を入手する Bitcoinのニュース ここコインニュースアジアで。

Anupam Varshneyは、暗号の愛好家であり、アマチュアの旅行者です。 Bitcoinや他の暗号化通信についてより多くの人々を教育するために、彼はBitcoinの会合を行い、Bitcoinpriceに書いています。 また、コンテンツマーケティング、ブランディング、SEOについても書いています。 彼は暗号の傾向を分析することに忙しくないとき、チェスをして、なぜより多くの国がクリケットをしないのか不思議に思います。

ポスト シンガポール - Fintech Giant 最初に登場した コインニュースアジア.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする