今年の研究成果を90%下回るICO活動


今年の研究成果を90%下回るICO活動

ファイナンス

Autonomous Researchによる独立した調査によると、今年は世界中の初期コイン・オファリング(ICO)活動が90%を下回っています。 今年の初めにトークンの売却によって調達された約$ 3億の資金の高さで、9月の投資額は$ 300万未満でした。

また読む:160 Crypto Exchangesが日本市場に参入しようとする、規制当局が明らかにする

ICO活動が暴落した

Autonomous Researchの調査によると、ICO活動は9月に大幅に減少しました。 同社は書いている:

先月は、ICO資金の約$ 300百万が見られました。その前の月は、今年の1月の$ 400億からははるかに離れています。 EOSと他のチャンクなプライベートトークンを含めた場合、最高額は2.4Xドルを超え、毎月のICO活動が3%減少していることが示唆されます。

「EOSとその他の個人的なトークン」のデータを考慮せずに、ICO資金の金額は先月1月から88.53%減少しました。 それ以外の場合、ドロップは90.7パーセントに達しました。 「9月からのトークン提供データを修正したが、その傾向は一般的に引き続き低下している」と強調した。

今年の研究成果を90%下回るICO活動

2009に設立されたAutonomous Researchは、銀行、投資、保険、金融、情報サービス業界における世界的な投資調査を提供する独立した調査会社です。 Autonomous Nextは、企業のウェブサイトの詳細である「ファイナンスの将来への技術の影響」に焦点を当てたロンドンの拠点で行われている慣行です。

投資家がICOへの関心を失う

Autonomous Researchは、トークン販売活動の低下を説明できる3つの理由を指摘した。 同氏は、「まず、投資家はユーティリティトークンを購入するという考え方を評価していない(法的には拘束力はないが)代わりに、同じ企業で株式を購入したいと考えている。 ブロックチェインとビットコインのベンチャーキャピタル・レイズについての「Pitchbookのデータ」を調べることによって、

実際、8月の1で$ 2018億を超える資本流入量の増加に伴い、ベンチャーにも影響が遅れています。

今年の研究成果を90%下回るICO活動

同社は、「RobinhoodとRevolutのようなfintech企業が暗号化にピボットする」と、「Bitmainが公開前に資本を圧迫しようとしている」というこの2つの理由があると考えている。

セキュリティトークンの提供

今年の研究成果を90%下回るICO活動ICO活動の減少の第2の要因は、セキュリティトークン提供(STO)です。 米国証券取引委員会(SEC)によると、ICOは証券取引であり、その管轄下にある可能性があります。 ブロック・コンサルタントのマイケル・K・スペンサー氏は、「STOは新しいICOである」と述べ、「セキュリティトークンは実際の金融証券である」と説明した。

Autonomous Researchは、セキュリティトークンの提供に対する投資が十分に強化されていないと述べ、

STOは、少なくとも規制上の消化不良のために、もう半年ほど本格的に市場に出ることはありません。

2以来の中国のP2015P融資の崩壊/危機、そしてそのリスクを求める資本がICOに払われているかどうかは、

中国が暗号化通貨とICOのすべてのサービスプロバイダを閉鎖しようとしている間、トークン販売活動は残っている。 中国の人民銀行(PBOC)は、先月、中国に設立されたいくつかの暗号取引プラットフォームが、同国を海外に運営するが、国内ユーザーにサービスを提供し続けていることを認めた。 8月に、news.Bitcoin.comは、P2P暗号化貸出が中国でますます普及していると報告した。

すぐにICOの活動が始まると思いますか? 下記のコメント欄にご連絡ください。


画像はShutterstock and Autonomous Researchの礼儀です。


ビットコインの保有量を計算する必要がありますか? ツールセクションを確認してください。



ソース

ポスト 今年の研究成果を90%下回るICO活動 最初に登場した Bitcoinsチャンネル.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする