南アフリカ、マレーシア、インドネシア、暗号知覚と所有権のヨーロッパを席巻

暗号会社Lunoが依頼した調査によれば、マレーシア、インドネシア、南アフリカでは、暗号市場の所有権と親密度が欧州市場に比べて高くなっています。 インドネシア、マレーシア、南アフリカの3つの新興市場では、それぞれ40%、39%、29%でさまざまなレベルの暗号化の所有権が得られました。 それぞれのレベル

ポスト 南アフリカ、マレーシア、インドネシア、暗号知覚と所有権のヨーロッパを席巻 最初に登場した CCN

CCN

ポスト 南アフリカ、マレーシア、インドネシア、暗号知覚と所有権のヨーロッパを席巻 最初に登場した デジタルマネータイムズ.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする