AmazonとConsenSys - カレイドはフルスタック市場を構築

KALEIDO

Kaleidoが持っているBlockchain software-as-a-service(SAS)プロジェクト 打ち上げ そのユーザーに「フルスタックエンタープライズプラットフォーム」を提供するマーケットプレイスです。

彼らの「ブロックチェーン・ビジネス・クラウド」は、「Kaleido、AWS、そして新しいパートナーシップ・プログラムのメンバーから信頼されたツールとサービスの新しい市場であり、プラグアンドプレイとして提供されています。」このサービススイートには、ウォレットとIDサービス、サプライ・チェーン・ツール、さらには法的な契約ソフトウェアも含まれています。

企業の声明によると、「クライアントは、ネイティブのAWS統合、プライバシのためのHDウォレット、組織のアイデンティティのためのIDレジストリなどの一般的なサービス、 チェーンリンク スマート契約のoracles、 ヴィアント サプライチェーン管理のために、 OpenLaw および Clause.io リアルタイムの法的契約など、ボタンをクリックするだけですべてのことが可能になります」

カレイド ライブに行った 5月の2018は、ConsenSysによって管理されているものの1つです。 Ethereum上に構築されたこのプラットフォームは、ユーザがEthereumメインネットと同期できるプライベートチェーンを管理することを可能にするハイブリッドブロックチェーンであり、ユーザが切り替えられるいくつかのコンセンサスアルゴリズム(RAFT、POA、IBFT)サービスとして Amazon Webサービスで利用可能 (AWS)であり、AWSのクラウドフレームワーク上で動作します。

開設以来、プレスリリースは、「Kaleidoは、組織がBlockchain Business Cloudで1,000ブロックチェーンネットワークを構築するのを手助けしてくれました」と主張しています。

「実際には、エンタープライズブロックチェーンプロジェクトの10%だけがブロックチェーン自体です。 他の多くのアプリケーション、データ、およびインフラストラクチャコンポーネントが生産に必要です。 私は、クライアントが使用するために事前に統合されたブロックチェーンテクノロジの全面的なクラウドを持っていることに非常に興奮しています。 Kaleido Marketplaceは、エンタープライズブロックチェーンのすべてのものをワンストップショップで提供しています」と、Kaleido社の創設者兼CEO、Steve Cerveny氏はこの発表を踏まえて語った。

また、Kaleidoは市場に統合されたパートナーシッププログラムを立ち上げ、サードパーティの開発者に「Kaleido Marketplaceでのサービスを促進し、Kaleidoを独自のブロックチェーンソリューションに組み込み、Kaleidoを使用してクライアントの取り組みを加速することで、

この記事はもともと Bitcoin Magazine.


Bitcoin Magazine

ポスト AmazonとConsenSys - カレイドはフルスタック市場を構築 最初に登場した デジタルマネータイムズ.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする