RippleがUNL上のバリデーターノードの30%未満を制御するため、XRP元帳の地方分権化が拡大する


意見: 長い間、XRPレジャーの論者は、ブロックチェーンは、国境を越えた支払いを解決することに重点を置いているRippleを中心に集中していると述べています。 しかし、最近、硬貨は、別のレベルの分権化を達成しました。バリデータノードの27%だけが、デフォルトユニークノードリスト[UNL]のRippleによって制御されています。

これは、XRP元帳の信頼性の高いサードパーティー使用の程度を高め、ネットワーク上のバリデーターノードの大半を制御していたRippleからの制御を広げます。 ネットワークが集中していると言う人が多い理由の1つは、RippleがXRPの供給の大部分を制御していることです。 しかし、これはエスクロー・スマート・コントラクトに閉じ込められています。つまり、リップルはそれをいつでも撤回することができません。 契約は毎月失効し、リップルは以前ロックされていた53億XRPを利用することができます。

RippleがエスクローからXRPを取り出そうとしている状況が起こったとしても、残りのノードの78%がコインを取り出すトランザクションを検証し、承認する必要があります。 現在、XRP UNL上のRippleバリデーターノードの数が減少すると、Rippleが強制的にXRPをエスクローから削除することが不可能になり、コインの「中央集中型」供給を制御できなくなります。

その中で、UNLで稼働する新しいバリデーターには、生産性アプリケーションのホスティングに特化したアプリケーションホスティングサービスのAlloy.ee、デジタルアセット交換のBitso、xRapidパートナーであるNTT Communicationsというグローバルな情報通信技術サービスプロバイダInterLedgerプロトコルとXRPを利用して、インターネット上のコンテンツクリエイターにマイクロペイメントを配信する企業Coil。

その他のバリデーターは、構造化された商用登録データ、スウェーデンのインターネットサービスプロバイダ(ISP)であるBahnhof、および強力なAPIを提供して顧客に瞬時に提供するビジネス登録取引所であるBREXによって運営されていますグローバル商業登録データへのアクセス。 才能、コンサルティング、管理ソリューションを提供する世界的なテクノロジー企業であるワールドリンクや、データセンター業界のリーディングカンパニーであるAT TOKYOなどの企業も、推奨されるUNLのバリデーターを運用しています。

他のバリデータは、XRP元帳のブロックチェインエクスプローラ、Rabbit Kick Club、ノードの実行専用Webサイト、XRP Community- XRPChatやXRP Tip Botなどのベースのプロジェクトです。

また、世界中のさまざまな大学が運営するバリデーターがあり、リップル大学のブロックチェーン研究イニシアチブ(UBRI)の一部です。 これらには、キプロスのニコシア大学、韓国大学ブロックチェーンセキュリティ研究センター、カンザス大学の情報通信技術センターなどがあります。

要するに、これはRippleとXRP元帳にとって重要な動きをもたらし、規制当局は両者の間の分割を見ている。 さらに、ノードが現在地理的にも管轄区域でも分離されているため、XRPをより安全にします。


AMBCryptoのニュースレターを購読する




ソース

ポスト RippleがUNL上のバリデーターノードの30%未満を制御するため、XRP元帳の地方分権化が拡大する 最初に登場した Bitcoinsチャンネル.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする