190 Crypto企業が日本での事業展開を検討中•Live Bitcoin News

ライブBitcoinのニュース


日本は世界中で最大の暗号化ハブのひとつです。 米国とともに、暗号化分野への参入を検討している企業にある種のライセンス構造を強制する唯一の国であり、結局のところ、ほとんどの企業はそのような措置を講じようとしています。

金融庁(FSA)によると、およそ190の新しい暗号通貨会社が日本のデジタル資産市場への参入を模索しています。 4か月前、その数は160にしかならず、比較的短期間でおよそ30企業が増加したことを示唆しています。

日本の暗号シーンは拡大しています

FSAは次のような説明を発表しました。

「登録に関する予備的な協議/照会を含め、190事業者以上が市場参入の意向を表明しています。」

これは、ほとんどの企業が合法的な企業の一員であることに関心を示しているという意味で、興味深いシナリオです。 日本の金融庁は、昨年1月に起こったコインチェックの大惨事を受けて、はるかに多くの暗号分野に関与するようになったと宣言しました。 暗号ファンドで$ 500百万ドル以上が盗まれた、そして交換は冷蔵保管戦術に対するホットウォレットの利用について広く批判された。

その後FSAは、コインチェックと競合する取引所と共同でセキュリティプロトコルを更新し始めました。 組織はまた、新しいライセンス構造に協力するように彼らに助言し、拒絶した人々が閉鎖の可能性に直面するであろうと説明することを交換に警告を出し始めました。

GMOコインやSBIバーチャルカレンシーなど、16のライセンスを受けた暗号通貨の交換が日本にはあります。 すべての暗号通貨取引所は、公共取引の扉を開く前にFSAに登録する必要があります。

日本が暗号ベースのビジネスとオペレーションに厳格であるにもかかわらず多くの企業が望んでいるという事実は、これらの企業が規制と正当性を強く望んでいることを示唆しています。 日本で暗号関連事業を展開する企業には、Yahoo!、大和証券グループ、Money Forward Inc.、Yamane Medical Corp.、Avex Inc.、およびSamurai&J Partnersがあります。

FSAは常に見守っています

さらに、FSAは、暗号通貨のディーラーとしてCoincheck(広範な監査を経て)、Lastroots、およびEverybody's Bitcoinにも承認を与えました。 これにより、彼らと彼らのような会社は、彼らのアプリケーションがまだ見直されている間に日本の主要な暗号部門で活動する機会を得ることができます。

Coincheckは、ほんの数か月前にMonex Groupに買収された後、徐々に顧客にサービスを再導入しています。

他の企業が日本の暗号通貨の扉を狙っているのを目にするでしょうか。 以下にあなたの考えやコメントを投稿してください。

シャッターショックの画像提供

タグ:コインチェック、暗号会社、暗号交換、FSA、日本



ソース

ポスト 190 Crypto企業が日本での事業展開を検討中•Live Bitcoin News 最初に登場した Bitcoinsチャンネル.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする