Wine CompanyがCrypto Exchangeのステークを買います•Live Bitcoin News

ライブBitcoinのニュース


Bitcoinやその他の形式の暗号は値段が下がるかもしれませんが、人々はいまだに彼らの収益を得て、暗号通貨プロジェクトに投資しています。 最新のものは香港証券取引所に上場しているワイン会社Madison Holdings Groupによるものです。 このベンチャー企業は、日本を拠点とする暗号通貨取引所であるBitOceanの株式を購入したばかりです。

BitOceanは日本の16完全ライセンス暗号取引プラットフォームの1つで、最近、日本の金融庁(FSA)から全面的な承認を得ています。 Madison Holdingsの子会社であるMadison Labは、BitOceanのおよそ67パーセントを取得し、その過程で約30百万ドルを費やしました。

Crypto Investmentsはこれまでと同様人気が高い

Madisonの会長、Raymond Ting Pang-wan氏は、この操作はすべて、自社の多様化と投資ポートフォリオの構築を目指す同社の試みの一部であると説明しています。

「私たちのワイン事業は安定しており、収益性がありますが、それでは小さいです。 ワインの取引を大企業にするのは難しいです。 だからこそ、私たちは金融テクノロジーと暗号通貨ビジネスに多様化しなければなりません - 私たちの株主のためにより良いリターンを達成するために。」

世界最大の暗号通貨盗用の2つが発生しているにもかかわらず。 Gox and Coincheck - 日本は強力な暗号通貨の中心地です。 同国の金融庁は、1月にコインチェックの大失敗があった2018に続いて、暗号ベースの業務への関与を深めることを誓いました。

FSAはいくつかの暗号通貨取引所に警告を出し始めました、彼らは今彼らの活動を続けるために登録プロセスを経なければならないであろうと彼らが彼らの安全プロトコルを改良するか、または閉鎖に直面することを要求される

Pang-wanによれば、この規制の枠組みと日本の継続的な暗号化への態度が、暗号分野での利害関係を得るための最良の時期となったのはこのためです。

「日本は世界中でビットコイン取引の約20パーセントを占めています。 日本と米国は、そのような取引プラットフォームのライセンスシステムを持っている唯一の2つの市場です。 適切な規制の下にあるプラットフォームに投資したいと思いました。」

どこでも暗号投資

関連記事として、香港のBitMEX取引所を所有しているHDR Global Tradingは、Madison Labsで51パーセントの株式を購入することを検討中です。 買収にはおよそ$ 17 100万の費用がかかると推定されているが、この取引はプレス時には参加していない。

日本と米国とは異なり、香港は暗号通貨関連ビジネスの正式なライセンス体制をまだ実施していませんが、現在は規制体制を徐々に導入し始める一時的なシステムに取り組んでいます。

このような取引は競合企業に暗号への投資を引き起こすでしょうか? 下記にコメントを投稿してください。

画像提供:

タグ:BitMEX、BitOcean、コインチェック、FSA、HDRグローバルトレーディング、日本、マディソンホールディングスグループ、マディソンラボ、レイモンドティンパンワン



ソース

ポスト Wine CompanyがCrypto Exchangeのステークを買います•Live Bitcoin News 最初に登場した Bitcoinsチャンネル.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする