12月の2017-18におけるビットコイン[BTC]の価値比率は「大幅に増加した」とFrancis Pouliotは言う


Bull Bitcoinというカナダの会社のCEO兼共同創設者であるFrancis Pouliotは、最近、一連のつぶやきを投稿し、この事件が初期から現在までの暗号通貨の強気のシグナルを投影していることを議論しました。 ここでは、BTC愛好家は過去にいくつかの言及をし、2014での「BearWhale」の殺害などの出来事を通してのコインの旅を語った。 Pouliotによるオリジナルツイートは次のように書かれています。

“ 1 /ビットコイン市場を振り返って
私は何年も前に$ BTC市場での取引の無駄を学びました。 私の戦略は、安定した$ BTC収入、$ BTCでの事業利益、フィアットを所有していないことです。
私の論文:$ BTC市場は、飼い主が最後の手段として保有している$ BTCの増加を発見するというパターンを持っています。」

2014では、Bitcoinの支持者はBearWhaleとして知られている市場操作者に勝ったと主張しました。 同年10月には、トークンが$ 30,000で評価されたときに300 BTCの売り注文が出されました。 これは市場に大量の投与を促し、その結果価格は値下がりしました。

しかし、投資家は、事件発生以来、BearWhaleとの戦いで25%の上昇をもたらし、Coindeskの報告によれば、その年の$ 375のコインの価値を高めました。 これに関して、Pouliotは彼の見解を投影して述べました:

2 /私の最初の強気のシグナルは10月のクマクジラの殺害だった2014(https://www.cnbc.com/2014/10/09/bitcoins-bearwhale-and-the-future-of-a-cryptocurrency.html… )
2つ目は、Backpageが財政的に検閲され、Bitcoinのみを受け入れることでした。 何万人ものセックスワーカーが今bitcoinを必要としています。 私は彼らが2015 $ 200価格フロアを作成するのを助けたと思います。

第二に、Bitcoin提唱者は、注目すべき存在として暗号通貨と密接に関連している人々のグループであるBitcoin大使館に言及しました。 彼はまた、ポッドキャストの数、ロードマップの観点からのBitcoinコアの存在、価値提案[最大主義以前の段階]もまた増加していると述べた。

さらに、カラーコイン、マルチシグ、サイドチェーン、マーチャント、エクスチェンジも登場し、ビットコインの世界への定着を強化しました。 この間、多くの投資家がBTCを買うために何でも売ったものを$ 200で売っていました。

次に、PouliotはSegWitについて話し、1月の2017がこの技術の活性化への期待を見たことを伝えました。 彼の言葉では:

「4 /強気:1月2017私はsegwitが有効になると確信しました。 3つ目は、#UASF August 2017(洗練された投資家が獲得した)を獲得した後です。 3回目の11月2017 #NO2X Segwit、私は家族/友人に「今Bitcoinを止めることはできない」と言った。 関係者にとっては、買うべき明らかな時期でした。」

彼によると、Bitcoinの価値命題は、ネットワーク効果、首尾一貫したイデオロギー、インフラストラクチャー、抵抗、脆弱性、流動性、権力および影響を介して、2017および2018において大幅に増加した。 彼はまた、Bitcoinの最大主義者と最後の手段の保有者が市場のための記念碑的な価格の下限を形作るのに貢献しているとも述べました。

別のつぶやきで、Pouliotは、2019がBitcoinの需要年になるかもしれないという現状について書いて、その結果、BTCの基本的価値の増加をもたらしました。 彼が追加した:

「ファイナンスは2020の金融/経済危機に備えます。 本格的な検閲 ヨーロッパの銀行は失敗し、貿易の地政学、B2Bの決済、数十億ドルが投資の準備を整えています。 これは飼い主を作成します。」

最後のつぶやきで、彼はBitcoinの成功と将来についての彼の最終的な見解を共有しました。 彼の投稿によると、それは支払いを受けてBitcoinを蓄積し始めるためのフィアットを得る時です。 さらに彼は、2019は世界中の何十億もの人々にとって1 BTCを買う最後の機会になるかもしれないと述べました。


AMBCryptoのニュースレターを購読する




ソース

ポスト 12月の2017-18におけるビットコイン[BTC]の価値比率は「大幅に増加した」とFrancis Pouliotは言う 最初に登場した Bitcoinsチャンネル.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする