日本のみずほ銀行、3月までに独自のステーブルコインを発売2019

日本のみずほ銀行、3月までに独自のステーブルコインを発売2019


みずほ銀行

日本の二番目に大きい銀行金融機関みずほ銀行は、現在3月までに安定したコインをローンチするためのインフラストラクチャを準備しています2019は、アジア日経レビューを報告します。 報告書は、安定コインが日本円に固定されることを示唆しています。 さらに、stablecoinはまた、ユーザー間の無料送金でキャッシュレスの支払いを容易にします。

stablecoinは、低コストの国境を越えた送金と送金のためのサービスの向上を目指しています。 みずほのデジタル通貨サービスは、日本の地元のクレジットカード会社と直接競合することになります。 これは、キャッシュレス社会に向かって動いている間、国でより多くのデジタル支払いを促進するのをさらに助けます。

みずほはまた、60の他の地方銀行と協力して安定したコインの流動性を支援している。 2017の以前、Mizuho Groupの会長、佐藤康宏氏は当初これを「J-Coin」プロジェクトと呼んでいました。 みずほ銀行が始めたこのプロジェクトには、他の地方銀行、ゆうちょ銀行、その他の日本の「メガバンク」が含まれています。 計画通りに行けば、このプロジェクトでは、銀行、金融会社、および小売ユーザーによる安定したコインの大量採用が見込まれます。

単純なQRコードを使用して可能にされるべきキャッシュレス支払い

2020東京オリンピックの前に、日本はそのキャッシュレス経済を先導することを計画しています。 これに関連して、日本政府は、企業がオンライン支払いを受け入れるように奨励するために補助金および減税を導入した。

みずほのstablecoinが関与すると言われるJ-Coinプロジェクトでは、キャッシュレス支払いを行うために、販売店で簡単なQRコードが発行されます。 QRコードはstablecoinをサポートする専用のスマートフォンアプリケーションからも簡単にアクセスできます。 みずほの安定コインは1:1の比率で日本円に固定されます。

みずほ銀行に加えて、三菱UFJフィナンシャルグループも4月にMUFG安定コインを発売しました2018。 この金融グループは、2020によるMUFG安定コインの全国展開を計画しています。

将来的には、みずほの安定コインを使用して、銀行の従業員に給与を支払うこともできます。 また、QRコードを使用した支払いを可能にする中国の巨大なオンライン支払いプラットフォームAlipayとも提携します。 これは、外国人が日本で簡単に支払いをすることを可能にします。

みずほフィナンシャルグループ会長の酒井達文氏は、読売新聞とのインタビューで次のように述べています。

「金融決済の事業はますます重要になっており、今後も成長し続けると予想されます。 だから私たちは真剣に取り組まなければなりません。」

大統領はまた、将来の事業のために新しい支払いサービスからのデータを活用するとも述べた。 みずほは現在、他のいくつかのIT企業と業界横断的な提携を進めています。

「機会があれば他の会社と取引します。 タイミングとスピードはとても重要です。 私たちの金融機関としての私たちの成長力には、従来の事業だけでは限界があります。 我々は新技術に焦点を合わせている」と酒井氏は述べた。



ソース

ポスト 日本のみずほ銀行、3月までに独自のステーブルコインを発売2019 最初に登場した Bitcoinsチャンネル.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする