権威主義体制の下で暮らす何十億というビットコインが必要人権活動家は言う


権威主義体制の下で暮らす何十億というビットコインが必要人権活動家は言う

ニュース

暗号通貨について報告するとき、主流のメディアはしばしば米ドルに関連する価格下落に焦点を当てています。 しかし人権活動家は、Bitcoinは別の商品でも市場での在庫でもなく、解放のための道具ではないと一般大衆に思い出させます。

また読む: 英国のイラン人学生がBitcoinを使って銀行をバイパス

ビットコインは自由のための道具であり、憶測ではない

権威主義体制の下で暮らす何十億というビットコインが必要人権活動家は言うHuman Rights Foundationの最高戦略責任者であるAlex Gladsteinは、Time Magazineに「なぜビットコインが自由を重視するのか」という記事を発表しました。 その中で彼は、暗号通貨がどのように人々が抑圧的政権から彼らの生活の支配権を取り戻すのを助けることができるかを説明します。

「暗号通貨業界とブロックチェーン業界の憶測、詐欺、そして貪欲は、中本智の発明の本当の解放される可能性を覆い隠しました」とGladsteinは書きます。 「権威主義政府の下で暮らしている人々にとって、Bitcoinは、検閲抵抗のある交流手段としての貴重な金融ツールになり得ます。」

この論文は、その論文の主な例としてベネズエラの現状に焦点を当てています。 それはベネズエラ人が暴走ハイパーインフレと厳しい資本規制を回避するためにどのようにBitcoinを使っているかを詳述します。 それはまた市民の貯蓄を大いに切り下げた後に、マドゥロ政権がどのように彼らの家族を家に帰したいと思う人々によって海外から送られたお金の多くを没収するために銀行システムを使っているかを示す。

40 Millionユーザーから4 BillionへのBitcoinの利用

権威主義体制の下で暮らす何十億というビットコインが必要人権活動家は言うこの記事は、ベネズエラを超えて、ジンバブエのインフレに苦しむ市民、中国で大量監視を避けたい人々、ロシアで銀行口座を凍結しているNGO、そして基本的な銀行サービスにアクセスできない難民をBitcoinがどのように支援できるかを述べています。 また、現金不法行為は政府の許可なしに使用されていますが、ハイパーインフレによって事実上無用になる可能性があり、多くの国がキャッシュレス社会に移行しようとしているため、暗号通貨の必要性が高まっています。

「これまでにBitcoinを使用したことがあるのは、世界人口の1%未満で、40 100万人以下です。 しかし、人権財団によると、世界の人口の50%以上が権威主義体制の下で暮らしています」とGladsteinは書きます。 「ユーザーにとって使い勝手の良い財布、より多くのやりとり、そしてBitcoinのためのより良い教材を開発するために時間とリソースを投資するなら、それは彼らの支配者を信頼できないまたはすることができる4 10億人の人々に本当の違いを生む可能性があります」銀行システムにアクセスする。 彼らにとっては、Bitcoinは回避することができます。」

権威主義体制の下で暮らす人々によるビットコインの普及が広がるのはいつでしょうか。 下のコメント欄であなたの考えを共有してください。


画像はShutterstockの礼儀です。


BCHブロックエクスプローラでビットコイン現金取引を確認し、追跡します.BB Explorerは世界中のあらゆる種類の取引が可能です。 また、Bitcoin.comのオリジナルの無料サービスであるSatoshi's Pulseのマーケットチャートで、BCHやその他の硬貨を持ち歩くことができます。



ソース

ポスト 権威主義体制の下で暮らす何十億というビットコインが必要人権活動家は言う 最初に登場した Bitcoinsチャンネル.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする