重要なXRPレポートが「パンクキッズ」によって作成された後に電話を脅かす



彼の会社がRipple(XRP)暗号通貨の批判的分析を発表した後に、暗号通貨分析会社Messariの最高経営責任者(CEO)であるRyan Selkisが脅威を受けていると伝えられている。 セルキスはこの主張を ツイート 1月に掲載。

調査会社Messariは1月の24に関する報告書を発表し、XRPの時価総額はおそらく6.1 10億ドルで過大評価されていると主張した。 同社によれば、同社の分析は暗号通貨交換および第三者の暗号通貨データサービスからのデータに基づいているという。

出版物に続いて、MessariのCEO兼創設者Ryan Selkisが、 ツイート 彼が匿名の発信者から脅迫的な電話を受けたと主張して:

「誰かがナッシュビルの電話番号から電話してきて、妻の誕生日を言ってくれました。 それから電話を切った。」

フォローアップ ツイートセルキス氏は、さらに2件の脅迫的な電話を受けたことを発表し、Ripple社のCEOであるCEOのBrad Garlinghouse、CTOのDavid Schwartz、Marketing and Communications Monica LongのSVPなど、家族に対する脅威を非難するよう求めた。彼は、XRPコミュニティから来ていると主張した。

「@Ripple @bgarlinghouse @MonicaLongSF @CoryTV @JoelKatz @warpaulに、私の家族に対するあらゆる$ xrpコミュニティの脅威を非難させたいです。 3回電話をした後、私はfbiと地元の警察に行きます。 家族がだまされないようにしましょう。」

プレスタイムの時点では、Ripple自体も、Ryan Selkisのツイートで言及された同社の個々の従業員も、脅迫されているとされる電話についてはコメントしていない。 MessariもCEOも、Cointelegraphのコメント要請にはまだ答えていない。

コールを報告するために警察署に行った後、Selkisは別のポストを投稿しました ツイート明らかに、呼び出し元が実際にはRippleと提携していないことを確認しています。

「私は警察署にいます。 たぶんパンクの子供だよ」

最近のQ4 2018レポートで、Rippleは、XRPトークンの売上が同年のQ3から減少したことを明らかにしました。同社は、それぞれの期間に$ 129 100万ドルおよび$ 163 100万相当のトークンを販売しました。

CoinMarketCapのデータによると、現時点では、XRPの時価総額は$ 13 10億ドル弱で、2番目に大きい暗号通貨となっています。





ソース

ポスト 重要なXRPレポートが「パンクキッズ」によって作成された後に電話を脅かす 最初に登場した Bitcoinsチャンネル.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする