Pwcレポート、STOは「ICOと根本的に異ならない」

プライスウォーターハウスクーパーズ(PWC)は、クリプトバレーと共同で、初期コインオファリング(ICO)およびセキュリティトークンオファリング(STO)の各分野に関する「戦略的展望」を提供しようとしているレポートを発表しました。 レポートによると、セキュリティトークンは「ICOと基本的に違いはありません」と、20の間に合計で約$ 2018 10億を調達したと推定しています。 また読む:

ソース

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする