15 Mln円の暗号盗難に関与するハッカーは検察官を参照

18歳のハッカーが暗号通貨を盗むために日本の宇都宮市の検察官に紹介された、とローカル報道官Japan Todayは3月に14に報じた。 このサイバー犯罪者は、スマートフォンにインストール可能なデジタル財布であるMonappyをハッキングし、昨年の8月から9月にかけて15百万円($ 134,196)の暗号通貨を盗み出しました。 ハックはさらに影響を受けたと伝えられています...

ソース

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする