IMFと世界銀行、ブロックチェーン技術を模索するための「準暗号通貨」を発表

国際通貨基金(IMF)と世界銀行は、プライベートブロックチェーンと「準暗号通貨」を発表しました。 レポートによると、彼らが作成している資産は「学習コイン」と呼ばれ、IMFと世界銀行の中でのみ利用可能になるでしょう。 しかし、コインには金銭的価値はありません。つまり、コインは真実ではありません。

ソース

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする